医療法人優和会 神田歯科医院 群馬県前橋市にある審美歯科、インプラントを専門に治療を行っている歯科医院です。
 
   

群馬県前橋市にある歯医者 神田歯科医院のコラムをご紹介します

 
  • 2021.10.17  妊婦の歯科治療
     

    今回は前回の妊婦の歯科検診のお話に続き、妊婦さんにおすすめの歯科治療のタイミングについて解説していきたいと思います。

    妊娠されると食べ物や服装などの生活習慣にいろいろ気をつけていることが沢山あるかと思います。そしてお口の中も同じように気にされている事かと思います。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.09.12  妊婦の歯科検診
     

    妊娠中はホルモンバランスの影響で虫歯や歯周病になりやすくなっています。
    妊娠中期(5〜8ヶ月)の安定期に入ったら是非妊婦歯科検診を受けて下さい。

    妊娠期の特徴的なお口の変化に妊娠性歯肉炎がありそれが重症化すると歯周病にまで進行してしまいます。

    歯周病のページはこちら > 続きはこちら


  •    
  • 2021.08.07  歯ぎしり・くいしばり
     

    気がついたら”食いしばり”をしていたことや、就寝中に”歯ぎしり”をしてると言われた事がある方は多いのではないでしょうか?
    “食いしばり”は日中何かに夢中になっていたりストレスを感じる時などに噛み締めてしまう癖や”歯ぎしり”は睡眠中に歯をこすり合わせ音を立てて家族の方に指摘され始めて気付くのです。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.07.19  気になる口臭
     

    新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により外出時などマスクが必需品となってきている生活が続いていると思います。が、そのマスクの中、自分の息が臭いと感じたことはありませんか?

    気がついたら口元が緩んで少しポカンと開いていませんか?マスクを着用していると息苦しく呼吸が浅くなって口呼吸になっていませんか?マスク生活で、口臭による相談が多くなった様に感じます。自分自身の口臭を感じられることは少なく周りの人は気づいたとしても口臭を指摘することは少し難しくなります。
    口臭はエチケットだけでなく健康管理の1つとして対策して欲しいと思います。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.06.12  歯がしみる‼︎知覚過敏を起こす原因と治療法
     

    冷たいもので歯がしみる、歯ブラシの毛先が当たると痛む、または酸味の強いフルーツを食べるとズキンとするそんな症状があり我慢していませんか?
    虫歯でないのに歯がしみるそれは知覚過敏かもしれません。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.04.24  歯磨き粉の選び方
     

    歯磨き粉の選び方

    歯磨き粉選び、皆さんはどうされていますか?
    ドラッグストアなどに行くといろいろな種類がありすぎてどれを選んだらいいのかわからない・・・。そのような声を耳にすることが多いのが歯磨き粉選びです。
    特売セールで安価なものからプレミアムな高価なもの、CMなどで見聞きしたもの、パッケージに惹かれるものなど選ぶ基準は皆さん様々だと思います。
    今回はお口の中の症状に合わせた歯磨き粉選びをご紹介していきたいと思います。成分表示などを見てお口の中のお悩み別解決に参考にしてください。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.04.04  虫歯について
     

    虫歯について

     

    虫歯と言う疾患は皆さんもよく耳にする事かと思いますが、実際どういうものかご存知でしょうか?
    虫歯は、直接命に関わらない病気のため軽視されやすいですが近年では全身疾患との関わりが指摘されるようになりました。
    虫歯とは正式にはう蝕(カリエス)と言います。
    日本人の9割以上が虫歯を経験しているとの事でとても身近な病気です。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.03.02  定期検診
     

    歯のメンテナンスについて今回はお話しさせて頂きます。

     

    皆さんは歯科医院でお口の中の定期検診を受けていますか?

    定期検診を受けている人の割合としては、スウェーデンやアメリカの90%〜80%に比べて日本は2%位ととても低い結果になっています。それに伴い、80歳の平均残存歯数も定期検診率の良い国などは20本に対して日本は8本とのデータが出ています。それだけ多くの方が虫歯や歯周病で歯を失ってしまっています。
    > 続きはこちら


  •    
  • 2021.02.02  補助清掃用具
     

    皆さんは普段のブラッシングでふつうの歯ブラシ以外にデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシやワンタフトブラシなどの補助用具をお使いですか?

     

    最近では使う習慣がある方が増えて来た印象があります。
    何故なら歯の並びは一人一人違っていて色々な形態があり歯ブラシでどんなに頑張って磨いても60%ぐらいしか磨けていません。
    歯面はしっかり磨けたとしても歯と歯の間や歯の重なりがある所、ブリッジの隙間、最後臼歯の後ろ側など歯ブラシだけでは難しいのです。
    そのような磨きにくい所や磨き残しが起きやすい場所にプラスして使用して頂きたい物が補助清掃用具です。 > 続きはこちら


  •    
  • 2021.01.18  正しいブラッシング法
     

    歯周病や虫歯の予防、エチケットとして毎日ブラッシングされていると思います。しかし歯周病に関してはご自身によるブラッシングが基本中の基本で、一番の治療方法となるのです。
    ただし、『歯を磨いてる』=『歯が磨けている』ではないのです。

    > 続きはこちら


  •    
  • 2020.12.12  歯周病の検査と治療法
     

    歯科医院を受診するきっかけとして例えば、
    噛むと痛い、歯がしみる、被せ物や詰め物がとれた、歯が欠けたなどの事が多いのではないでしょうか?
    サイレントキラーと言われる歯周病などの歯肉からの出血や腫れを経験した事があっても受診のきっかけになる事は少ないようです。
    たまたま受診した際に「歯石がありますから取っておきますね!」などと伝えられて歯石を取った事があるという方が多いと思います。
    > 続きはこちら


  •    
  • 2020.11.19  歯周病と全身疾患
     

    歯周病は歯茎から血が出たり、口臭が気になったり、歯がグラグラするようになるなどお口の中の症状だけと思っていませんか?

    実は歯周病は、お口の中の事だけではなくて歯周病が進行すると血液を介して歯周病菌が各臓器に運ばれ全身に悪影響を及ぼす事が明らかになっています。
    ただし歯周病が直接その病気を起こすわけではありませんが罹患率を高めたり病状を憎悪させる事があります。
    よって歯周病を予防する事で全身の病気の予防にもつながるのです。 > 続きはこちら


  •    
  • 2020.11.01  歯周病ってなあに?
     

    最近ではメディアを通じて耳にする事は多いですが、実は知っているようで知らない歯周病についてご紹介していきます。

    歯周病とは、ひと言で言うと歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)の組織が細菌ににより破壊されてしまう病気です。
    日本の成人の約8割が罹患していると言われています。

    > 続きはこちら


  •    
  • 2020.10.17  歯が生えてこない!?
     

    この度、コラムとして歯科で診療にあたる中でよく質問される事や、一般の方へ知っておくと良いと思われる事等を書かせて頂く取り組みを始めました。

    初回は「お子様の歯が生えてこない!?」について書きます。

    > 続きはこちら


  •